きっかけは家の購入で、引っ越

きっかけは家の購入で、引っ越しました。
引っ越しは東京都から埼玉県へ。ディーラーの方にはメンテナンス等でお世話になっているのですがナンバーの変更はどうするのかと質問されました。手続きは運輸局にいってするべきであるというわけなのですが、実際にはやらない人が多数だそうです。
私もナンバープレートはそのまま東京のものを使用しています。
有名な引越し業者は、いっぱいあります。中でも有名な運送会社として日本通運なんかはとくに有名だと思います。
そんな日本通運は、日通と言われることもありますね。
日通というのは引越しだけでなく、古美術品の輸送なんかでもかなり有名で、業界シェアのナンバーワンとなっているのです。そう聞くとなんとなくですが引越しの荷物も慎重に扱ってくれそうですね。
引越しを行うときに業者に頼まず自分たちだけで行う場合があるでしょう。特に、近場の引越しの場合だとトラックなどを借りずに荷物を運ぶことはできるとは、思いますが、台車があった方が良いです。室内の移動時には分かりにくいですが、わずかな家財道具であっても案外重たく感じるものです。
姉は居住しているアパートから実家である我が家に引っ越してくることになりました。
引越のため、私と母が、荷物を移動させる前日に移動準備の手伝いに行きました。
10年住んでいた部屋らしく、不用品の数が計り知れない事になっていました。不用品を買ってもらってしまうと、軽トラの荷台半分くらいに量が減り、思ったよりも楽に引越できました。
引っ越しを行って一人暮らしをする場合には、単身用のパックを頼む方が得する場合が多いです。
もし、大型の家具や電化製品を新調するのであれば、引っ越し業者に依頼をせずとも、引っ越しすることができるかもしれません。
また、女性の一人暮らしの場合だと、引越し後の近所へのあいさつ回りは控えた方が安全なケースもあります。引越し業者へ依頼を行うと、見積もりをくれます。
問題はないケースがほとんどですが、念のため確認しておくことを勧めます。その見積もりになかった内容は、追加で費用が取られるケースもありえることです。何か疑問があるときは、できるかぎり契約前に、聞いてみてください。
引越しの前日にする項目で怠っていけないのは、冷蔵庫にたまっている水を抜くことです。
排水の仕方が分からない人はとりあえず冷蔵庫のコンセントを抜いておくことがおすすめです。当然、中のものは出してください。それをやらないと、当日冷蔵庫が動かせない可能性もあります。引越しを行うにあたって、それまで住んでいた家が借家の場合には原状回復の義務というものが発生してきます。この原状回復義務は、借りていた家の室内につけた傷や壊れた物等を住む前の状態に戻すためにかかる費用を支払う義務のことで、通常はその費用を敷金から差し引かれて、余った金額が返還されるというものになります。
引越し業者に指示を受けると思いますが、引越しする前日には、移動させる冷蔵庫の電源は抜いておくようにしましょう。なぜかというと、冷凍庫についた霜を溶かして、移動前にあらかじめその出てきた水を取り除くことが可能だからです。
こうしておくことで、移動しているときに、他の荷物に水が掛かってしまうことを防ぐことができるのです。住む家を変えると、電話番号が変更になることが無きにしも非ずです。同一市区町村内の転居の場合でも、収容局が変更すると、現在までの電話番号が使用停止になるでしょう。電話番号が変わったというアナウンスを流してもらえますが、新住所に付け加えて、新しい電話番号も報告しておいた方がいいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です