引越しの前日の作業として忘れるわけ

引越しの前日の作業として忘れるわけにいかないのは、冷蔵庫にたまっている水を抜くことです。
水抜きに自信のない人はとりあえず冷蔵庫のコンセントを抜いておくことがおすすめです。常識ですが、中身は取り出してください。そうでないと、当日冷蔵庫が動かせない可能性もあります。引越しので、荷物をまとめる際に皿やグラス等、割れやすい物はタオルや洋服等でしっかり梱包します読み終えた雑誌や、新聞もいいですが、予想外に量が多くなり、捨てることが大変です。転居が完了すると、多くの空ダンボールが発生しますし、それに加え紙ゴミも発生すると予想以上に場所を取ってしまいます。
私が転居したアパートはペット禁止のアパートです。
しかし、この頃、お隣から猫の鳴き声が聞こえてくるように思いました。大家さんもそれを感じており、頻繁に指示をしたようですが、「一緒に住んでいない」と言うだけだそうです。
以前に私は分譲マンションで二人用のベッドを使用していました。とある事情で住居を手放し、狭い家賃契約型の住宅へ引越しすることになったのですが、ベッドが大きすぎて部屋に配置できないことがわかりました。
本意ではありませんが知り合いに譲り、無事に引越っこすことができましたが、今回買ったベッドは次に棲家を移動する時に入らないと困るので、シングルにしました。
家族みんなで今春に引っ越しをしてきました。
その時住んでいた家の建て替えの為に近所の一戸建てへ引越しを行いました。
荷物運びなどは友人に手伝ってもらったので、引っ越し費用に関してはかかりませんでした。
ただ一つだけ苦労したことは、私の幼い頃から愛用していたピアノが運び辛いうえに重く、運ぶ際に苦労をしたことです。
ヤマトの単身引っ越しパックが実用的だと友達が話していました。
正直、見積もり段階では他にもっと安くできる業者があったのに、礼儀正しく更に感じもよかったので、ヤマトにしたと言っていました。
見積もりだけでなく引っ越し当日も速くて丁寧な仕事ぶりだったと褒め上げていました。引越しをする時に業者に依頼をせず友人知人に手伝ってもらってする場合があるでしょう。特に、近距離の引越しだとトラックやその他乗り物を使わずに荷物を運んでいくことはできるでしょうが、台車があった方が良いです。
室内を移動させる時にはあまり想像できにくいかもしれませんが、わずかな家財道具であっても案外重いように感じてしまうものなのです。引っ越しの場合、コンロには注意を向けておく必要があります。それは、他とは別で、ガスの元栓をストップしてからでないとならないからです。
かつ、ホースや器具に若干のガスが残留していますので、喫煙しないのは勿論の事、部屋の窓等をしっかりと開け、空気を入れ替えておくことが望ましいです。引越し先でも現在と同じように同じ母子手帳が使用可能です。
転出時に手続きは不要ですが、妊婦の検診を、する時の補助券などは各自治体によって違うので、引っ越し先の役所で確認をしましょう。
産後の時は、引越しがいつかによって乳幼児健診を行う機会が合わない場合があるので、受け漏れがないように注意してください。引っ越しの時の住所変更はいろいろと面倒なものです。
転出届であったり転出届といった役場の手続きをすれば良いとはかぎりません。関わりあるあちらこちらに、住所変更の届け出をしなくてはいけません。
保険会社に住所変更の手続きをとらなかったことを引っ越し完了後、二年以上がたった後に気が付きました。
その間、たいしたことは起こらなくてよかったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です