引っ越しで、プロの手を借りずに、

引っ越しで、プロの手を借りずに、なるべく自分で梱包などを行ないたいのであればまずは荷物を少なくすることを考えます。
普通の、あまり大きくない車で運ぶわけですから、詰め込みやすくするための工夫をします。大きすぎないダンボールを使って要領よく梱包していく、食器やコップなど壊れやすいものは、衣類でくるみ、梱包をしてしまう、これで、包み紙は使われず、荷物のかさを減らせてついでに衣類も梱包できる、そんな小技でもあります。

このように、荷物をできる限り少なくする、というのは、とても大事な点です。今の住まいをどうやって決めたかというと、近所にあった不動産屋さんのお店に直接行って、部屋探しをしました。
そこのお店で、私を担当してくれた方がとても懇切丁寧だったので、すぐ信頼し、その方おすすめの物件から、今の部屋を選んだのです。違う不動産屋さんも行こうかなと考えてましたけど、他所のお店のサイトに掲載されている物件も、こちらの店で紹介できると担当者さんに教えてもらったので、お店のハシゴはせずに、帰ることにしました。引越し業者に申し込みました。
引越し作業に熟知したプロに要請した方が、確かだと思ったのです。
それなのに、家財に傷を作られました。このような傷がついたら、保障はちゃんとしてくれるのかどうか心配です。
泣き寝入りすることなく、しっかりと償って頂こうと思います。
私は引っ越しの時に、家の中にあふれていた不用品を売りました。もう着ない服や使わない家具など、いろいろと出てきました。
業者に家まで足を運んでもらって、隅から隅まで査定を行ってもらったのです。すると、思いもよらない査定額になったのでした。私の不用品だったものが、お金になったのです。ものすごく嬉しかったです。
転居で必要なものは小物を入れる箱です。細かいものもちゃんと整理して段ボールに入れれば、転居の作業時間も大幅に短縮でき、プロたちにも有り難がられます。ダンボールは引っ越しの会社がサービスでくれることも多くなりますので、見積もりを依頼する際に確認するとよいでしょう。
最近我が家は、三回目の引越しを実行しました。
引越しの作業は毎回大変なのですが、慣れてしまいました。
荷造り、荷ほどき、ほとんど私の役割です。旦那はいつも家電、家具などの大きいものを掃除や片付けをしてくれます。
ただ、今回は洗濯機の水を抜くということを失念してしまったので、新居の洗面所が、びしょびしょになってしまいました。
引越しを行うとなると、たくさんの荷物を詰めた段ボールをジャマにならない場所に運んだり、業者さんと一緒に家具や家電を運んだりと大忙しです。
少しの間頑張っていると、手のひらがじきに真っ赤になってしまいます。
業者さんの手をふと見ると、きちんと軍手をはめています。
引越し業者に引越しの依頼をするにしても、自分の軍手も絶対に必要だなと思います。
私たちが今の住まいに引っ越してきた当時、当時1歳になる子供がいました。
こんな幼い子供でも環境が変わったことを感じ取って少しストレスを感じていたようです。引っ越したときに、子供のものについてもおもちゃや衣類など仕分けることにしました。
仕分け作業のときに母子手帳があったので、今まで書いたところを改めて読みました。
そんなに時間が経っていないのに、懐かしいと思ったものです。引越しを行うにあたって、住んでいた家が借家だった場合は原状回復の義務というものがあります。
この原状回復義務というのは、借りていた家の室内につけた傷や壊した室内のものを元の状態に戻すためのお金を支払う義務のことで、通常はその費用を敷金から差し引かれて、あまったお金が返ってくるというような形となります。
家中のものを引っ越しのために整理していると、仕分けの結果、不要になるものもあります。様々なものを処分するのは大変です。
ここで調べる価値があるのは引っ越し業者の不要品引き取りサービスなのです。
また、業者によっては、ものによってですがお金を払って処分しなくてはならないものをリサイクルなどの扱いで無料で引き取ることもあります。問い合わせるだけの価値はあります。
どのような場合でもダンボールは引っ越しに欠かせないものであり、名前入りのダンボールを業者が無料提供することもありますが、有料だったり、数が少なかったりすることもあります。
そんなときにも、スーパーなどに行くと不要になったダンボールをもらえるはずです。
ただし、サイズはばらばらです。
荷物が入ったダンボールを縦横に積み重ねるので、サイズが揃っていないと積み重ねるとき配慮が必要です。
様々な事務手続きが必要となるのが、引っ越しという大イベントです。
中でも大事なものは免許証を筆頭に、自動車にまつわる諸々の書類があります。
運転免許証は、登録住所を新しい住所に、変更してもらわないといけませんが本人確認書類として大変重宝しますので、手続きをきっちり済ませる人がほとんどなのですが、車庫証明の登録をし直すことを、うっかり忘れる人は多いのです。これについても警察署で手続きができますので、どちらも大事な手続きですし、同時に済ませてしまいましょう。これで手間が省けるのではないでしょうか。
あらかじめ引越し業者の指示があると思いますが、引越しする前日には、移動させる冷蔵庫の電源は抜いたほうが良いです。
その理由は、冷凍庫に付いた霜を溶かし、溜まってきた水を取り除くことが前もってできるからです。
あらかじめこの処理をしておくことで、移動させているあいだに、他の荷物や家の設備などに水が掛かることを防ぐことができるのです。
どんなケースであっても、引っ越しの前にまず必要になるのが転出届を市区町村役場に提出することです。
複雑な手続きではなく、現住の市区町村で役所の窓口で手続きすれば、すぐ受け付けてもらえますが、郵送でも手続きできます。
忙しくて、役所の受付時間に間に合わないという場合は、委任状を添えて、代理人が提出するのも認められています。転居する日の2週間前くらいから、転居届の提出ができるようですので、確認してください。
厚手のコートやスーツ類、普段ハンガーにかけてしまってある衣類の梱包をする際は引っ越し業者からレンタル可能な引っ越し専用の衣装ケースを利用することによりハンガーにかけられている衣服の荷造りが、格段に楽になります。ダンボールを使って荷造りをしていくとなると一着ずつ衣類を重ねて梱包することになるのですがこの衣装ケースを使うとハンガーにかけた状態のまま、収納ケースの中に吊っていくことができるようになっています。転居先に着いたら、ケースから取り出してハンガーラックや、クローゼットなどに吊っていけるので、大変便利です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です